多汗症治療の薬

多汗症治療をしよう!

多汗症治療の薬

多汗症の治療というと必ずしも手術をする必要があるわけではなく、そのほかにも薬を使う方法があります。

皮膚科にて治療をする場合、多汗症治療の薬として制汗剤を塗ることから始めます。
しかし、それだけでは改善しない場合には、そのほかの治療法や手術を考慮に入れる必要性があります。

多汗症治療の薬を使っての改善を試みる場合には、神経に働きかけることによって汗の量を減らす抗コリン剤を使う事が多いです。

抗コリン剤は、腰痛などに対しての痛み止めとして使われる事が多いのですが、腰痛も多汗症も神経が関係しているため使われています。

しかし、もちろん薬であるため副作用があります。
汗の出る部分である汗腺を抑えるために使われるのですが、抗コリン剤は全身に働いてしまうため、口や目の渇きなどの副作用が発生します。

それ以外にも尿や便も出にくくなるなどの支障をきたしますので、あくまでも一時的な対処として使われる場合が多いようです。

他にも多汗症治療の薬としてはグランダキシンという治療薬もあり、これは自律神経のバランスを整えるためのものです。

自室神経を整えることによって、汗の量を抑える事ができます。
しかし、これも副作用が存在し、眠気やめまいなどが起こる事があります。

また、漢方薬での治療法も存在します。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷ allrights reserved.