多汗症の種類

多汗症治療をしよう!

多汗症の種類

多汗症の種類としては、全身性多汗症と局所性多汗症の2つに分ける事ができます。
また、この多汗症の種類の中でも局所性多汗症である場合がほとんどです。

全身性多汗症とは、体の全体に大量の汗をかく症状のことをいいます。
多汗症の種類としては比較的少ない症状です。

原因としてははっきりとしていないのですが、多くはストレスや遺伝、そして何らかのほかの病気が原因となっている場合が多いとされています。何らかの病気が原因として全身性多汗症を引き起こす事があるのですが、一見関係のない病気であったとしても症状につながることもあります。

また、交感神経の働きの乱れによっても引き起こされる事があり、精神面や生活習慣には注意する必要があります。

一方、局所性多汗症は特定の体の部分に大量の汗をかく症状のことをいいます。
手の平や足の裏、わきの下が主に挙げられ、多汗症の種類としては、大半がこれに該当します。

程度としては個人差がありますが、ひどい場合だと車の運転時のハンドルで滑ってしますことや、人と握手する事ができないなどと日常生活に大きな支障をもたらします。

そのため、精神的にもストレスが重なり、さらに症状が悪化することもあります。

原因としては、ストレスや緊張などの精神的な面によって自律神経が乱れることによって起こると考えられており、医師による治療のみではなく、精神面の向上も必要になってきます。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷ allrights reserved.