多汗症の原因

多汗症治療をしよう!

多汗症の原因

多汗症の原因については、明確に解明されているわけではありませんが、多くの場合は精神的な面が大きいとされています。また精神面だけでなく、他の病気が引き金となり多汗症を引き起こすこともあります。
他にも、食事や睡眠などの生活習慣の乱れやホルモンのバランス、遺伝、肥満、更年期なども多汗症の原因として考えられています。最も多い原因とされている精神面の場合、ストレスによって交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって交感神経が過敏になり、汗が大量に出るようになります。

また、多汗症によって生活面に支障をもたらすため、それを気にするあまりさらに症状が悪化してしまいます。

そのため、一般的には皮膚科での受診が多いのですが、精神的な部分を治療する必要がある場合は、心療内科や精神科での治療をおすすめします。

現在の医療では多汗症の原因は明確になってはいませんが、以上に述べた考えられる原因をなるべく特定し、治療を行います。

また、自分では精神的な面が多汗症の原因だと思っていても、実際は違う原因の可能性もあるため、まずは医師に相談する事が必要になります。

何らかの病気の発端である可能性もあるため、自分で判断するのではなく、必ず医師による治療が必要になってきます。

タバコやお酒、コーヒーが原因となる場合もありますので、過剰にとりすぎているのであれば、健康のためにも控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷ allrights reserved.