SPFとPA

多汗症治療をしよう!

紫外線とSPFとPA

サンスクリーン(日焼け止め)をみると、その効果を示す表示として、SPFとPAが用いられています。PA+』『PA++』あるいは『SPF25』『SPF50』というようにです。これはいったいどのような意味を表しているのでしょうか?

紫外線(UV)は、波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cにわけられます。そのうちオゾン層を通過して地表に届くものは、UV-A、UV-Bの2種類です。これら2種類の紫外線(UV)は、いずれも肌に悪い影響を与えるのですが、それぞれの肌に対する影響の仕方が異なります。最も有害な紫外線(UV)はUV-Cなのでオゾン層を破壊をこれ以上は介しないようにしたいですね。

ここで地上にとどく2種類の紫外線(UV)を紹介します。

UV-A

UV-Aは、波長が長い紫外線(UV)で、その35~50パーセントが表皮を通過し、真皮まで到達します。
肌を黒くさせる色素沈着(サンタン)を引き起こす原因がこのUV-Aです。サンスクリーンに記された、『PA+』『PA++』というのは、このUV-Aをどれほど防止できるかを示すものです。UV-Aを慢性的に浴びていると、皮膚の弾力線維や、膠原線維(こうげんせんい)に影響を与え、ダメージを引き起こすことから、シワやたるみといった、肌の老化の原因となります。

UV-B

UV-Bは、UV-Aと比べると波長が短く、真皮にまでは到達しない紫外線(UV)です。『SPF25』『SPF50』というのは、このUV-Bに対する予防効果を数値で示したもので、主にUV-Bを何倍防ぐことができるかを示します。 UV-Bの場合は、浴びた直後にすぐに反応を起こし、主に表皮で急激に肌を赤くするなどの症状を引き起こします。この炎症を『サンバーン』といい、肌の乾燥を引き起こします。これが、シミやソバカスなどの、肌のトラブルの原因となります。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.