多汗症の原因

多汗症治療をしよう!

多汗症の原因

 

多汗症とは、書いて字の如く、汗の分泌量が人より多いことを言います。

通常の発汗と多汗症の境は明確に決まってはいませんが、体温や運動などの身体機能とは全く関係なく発汗する状態であることが多いようです。

多汗症の原因は大きく分けて二つ

多汗症の原因は、裏に病気を秘めているケースと、ストレスによる場合です。

裏に病気を秘めているケース

体内の代謝機能や自律神経機能の健康が損なわれている場合、全身の発汗症状という形で多汗症に似た状態になることがあります。発汗量が増える原因には、薬の副作用の影響も挙げられるでしょう。

早急に医者に見てもらった方がいい多汗症とは、体の変調を感じた発汗ということになります。多汗症の治療により深刻な病気に待ったをかけられたらこの上なく幸いですよね。

ストレスによるケース

多汗症の症状が掌や足など体の一部分で起きている時は、精神的な理由によるものかもしれません。急激な環境の変化やストレスによって発症するものです。ストレスが理由である場合、発汗そのものがストレス原となってますます発汗量が増えるという状況も起こりえます。

多汗症の心当たりがある方は専門家に心の治療を乞うのも大切です。治療というと大げさに思えるかもしれませんが、多汗症改善のアドバイスをもらうつもりで気軽にノックすれば良いのです。状況を冷静にチェックすることが体質改善の第一歩ですから、まずは恐れず始めてみましょう。

2010 © 皮膚科まっぷ allrights reserved.