多汗症の治療

多汗症治療をしよう!

多汗症の治療

 

多汗症の治療の前にまず、多汗症の予防から考えてみましょう。

ストレスを減らす

多汗症の場合は、やはり交感神経に刺激を与えないのが一番だとされています。ストレス過多な状態が続くと、汗をかきやすくなることがあります。ストレスは精神的なものだけでなく、太りすぎの人も該当します。ストレスはメンタル面が原因になることもあります。急な環境の変化や過労、変則的な生活を続けているとなりやすいです。身心的なストレスを感じやすいタイプはそうなりやすいようです。ストレスを受けると、人の体は交感神経や副交感神経が働きます。くずれそうな神経のバランスを取り戻そうとする機能の中に、汗の分泌を促す機能がある為、多汗症になるのです。心にゆとりを持つことが、多汗症の予防及び多汗症の治療の第一歩かもしれませんね。

食生活の見直し

食事面での見直しも多汗症の対策に役に立ちます。揚げ物や肉類など、油っ気の多い食事ばかり摂っていると、臭いのきつい汗になります。十分に水を飲まない人も、汗ににおいがつくようになりますので、日常的に水を飲む習慣をつけましょう。水分摂取は早め早めに少量ずつがいいので、のどが渇く前に少しずつ水を飲みましょう。

また、多汗症で起こる嫌な感じを少しでも軽減するためには、常日頃から周囲を清潔にしておくことが必要です。清潔はストレスの軽減にも関係するのです。まず身の回りのこと、そして心の持ちようから始めることが、多汗症防止効果があるのではないでしょうか。

2010 © 皮膚科まっぷ allrights reserved.