にきびとにきび痕

多汗症治療をしよう!

にきびとにきび痕

 

にきびとはどのような肌のトラブルを指すのでしょうか。尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と医学的には呼ばれているのがにきびです。

年齢に関係なく尋常性座瘡が出来る条件が揃えば発症しますから実は、10代でも40代でもにきびは出来るのです。20歳過ぎたら吹き出物というわけではないといえます。

とても大勢の人がにきびに悩んでおり、それと同じ位ににきび痕を治したいと願っているひともたくさんいます。にきび痕は大きく分けて2つの種類があります。

にきび痕が陥没

まず1つ目は、肌表面がデコボコしている状態で、これはにきび痕が陥没しているものです。にきび痕はアクネスカーとも呼ばれ、赤にきび以降の段階で形成される事がほとんどです。細菌の増殖によって炎症が起きてしまうことによって作られます。なかでも膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、にきび痕が皮膚に残りやすくなります。ケロイドやクレーターの様になってしまうこともあるでしょう。にきび痕は治りにいものなので一生跡が残ってしまうこともあります。

にきび痕の色素沈着

2つ目は、にきびの痕に出来る色素沈着です。このにきびの痕は、シミの様に色素沈着している状態で、にきびの後遺症といえるものではないでしょうか。色素沈着というのはシミの事をいいますが、炎症後色素沈着というのは、にきびばかりでなく、炎症を起こした部分に出来やすい色素沈着の一種です。シミが残ってしまう事があるので注意しなければならないのは、傷が出来た痕や、化粧品や薬品によってかぶれが生じた後なのです。

にきび痕のできる原因

にきびは皮膚の毛穴に皮脂等が詰まってしまう事が原因で、にきびの周囲が赤く腫れたり細菌感染して膿んでくる事もあり、痛みを伴う事も少なくありません。

内因性原因

ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、偏食、ストレスがにきびの内因性原因としてあげられるものです。

外因性原因

にきびの外因性原因としては、肌に合わない化粧品の使用、皮脂や汗等の汚れ、活性酸素があげられます。

その他のにきびが出来る原因としては、乾燥や薬の使用もあげられます。ただ1つの原因によってではなく、いくつもの原因が重なり合って出来る場合が多いのがにきびというものです。できる要因となる様々な原因を把握して、きちんと対策を立てないと、にきびやにきび痕の予防や改善は難しくなってしまいます。

にきびやにきび痕の予防と対策

正しい洗顔法を身につける事は、自分で出来るにきびやにきび痕の対策法がとして、とても重要なことだといえます。余分な皮脂を取り除くのと同時に、ぬるめのお湯でメイクや汚れをしっかり落としましょう。さらに綺麗なシャワーの水を使って洗顔料をしっかりと洗い流してください。最後は清潔なタオルでやさしく拭きましょう。絶対にゴシゴシこすったりして強い刺激を加えないことが大切です。

これ以外の自分で出来るにきびやにきび痕の対策方法としては、自分に合った化粧品を使用することもあげられます。洗顔をきれいにした後はどうしたら良いでしょうか。まずは正しい化粧品で肌の手入れをすることが必要です。化粧水や乳液などは自分の肌質に合った物を選択肢、乾燥しやすい冬と、汗をかきやすい夏とでは基礎化粧品を変えてみるのもひとつの手ではないでしょうか。

ファンデーションはにきびを悪化させる?

一般的に化粧品はにきびやにきび痕の形成を促す様な成分を含んでいます。特ににきびやにきび痕の発症を促し、悪化をもたらす事になりやすいのが、肌にとっては汚れと同じであるファンデーションです。化粧が原因でにきびやにきび痕が出来てしまう事もあるので、自分の肌に合った化粧品を使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷ allrights reserved.