にきびとにきび痕の治療

多汗症治療をしよう!

にきびとにきび痕の治療

 

にきびやにきび痕の症状が特にひどい方は、早めににきびの専門クリニックで相談して、きちんとした、にきび治療の開始をお薦めします。ではにきびの専門クリニックで、どのようなにきびの治療がされるのでしょう。

にきび用のスキンケア用品

まず敏感肌の女性にとって嬉しいのは、洗顔料や保湿剤等独自に開発されたにきびやにきび痕用のスキンケア用品を購入することが可能だということです。高濃度ビタミンCのお薬があります。ビタミンCはシミ・そばかす・くすみを取る美白剤や、にきびやにきび痕の治療薬として使います。にきびやにきび痕に対して皮脂分泌の抑制による予防効果がビタミンCにはあり、にきびの炎症によって出来る活性酸素を中和させて、にきびの炎症を抑える効果もあるものです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングもにきびやにきび痕の治療方法のひとつです。ケミカルピーリングはフルーツ酸の働きで、角栓の除去やアクネ桿菌の殺菌をする科学的な治療法です。自宅でケミカルピーリング効果を得られる、ピーリング石鹸等も購入出来ます。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルと呼ばれるにきびの治療方法は、特殊な光を利用する事によってメラニンを抑制し、コラーゲンを産生する能力を高めます。陥没や色素沈着等、にきび痕に最も適した治療方法です。また皮脂の分泌を抑える効果もあるので、総合的ににきびを治療します。

レーザー治療

にきびの炎症の元となる原因菌に働きかけ、殺菌する作用を持つレーザー光線を当てるだけのびの治療法が、レーザー治療と呼ばれるものです。にきびの治療に使用されるレーザー光線は、皮膚の他の組織にダメージを与える事はないので、内服剤の様に副作用の心配はありません。細菌の増殖を予防したり、炎症を沈静させる効果があります。

実にたくさんのにきびやにきび痕の治療には方法がありますので、必ず自分に合ったにきびの治療方法があるでしょう。まずは、クリニックに行って悩みを相談することから始めてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷ allrights reserved.