日焼けの原因

多汗症治療をしよう!

日焼けの原因

『日焼け』とは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害をいいます。

太陽光線に含まれる、中波紫外線(UV)は、浴びるとすぐに灼熱感(しゃくねつかん)を伴い、肌が真っ赤になり(紅斑(こうはん))、ひどいときには水泡を起こすなどの障害を起こす作用が強い状態です。

強いサンバーン(赤くなる皮膚の炎症)を起こす障害作用をもつものは、中波紫外線(UV)の影響です。さらに、太陽光線中に大量に含まれる長波紫外線(UV)の作用も肌に大きなダメージをあたえます。

中波紫外線(UV)や長波紫外線(UV)のような紫外線(UV)が皮膚の細胞の核のなかにあるDNAを傷つけると、細胞の活動が抑制され、やがて死んでしまいます。 それをきっかけに炎症が起こり、紅斑といって皮膚が赤くり、炎症が酷い場合は水泡ができます。

基本的に日焼けはだれにでも起こり得る現象です。

人種や個人個人によって肌のタイプが異なることから、日焼けのタイプや炎症のひどさには個人差や人種差があります。

太陽光線は、長時間当たればその分、炎症もひどくなります。

日光の照射の4~8時間後から(サンバーン)皮膚が赤くなります。

この赤み(紅斑)は24時間までがピークといわれ、2~3日するうすくなります。

そして1週間もすると、傷ついた皮膚が膜状にむけてき始め今まで赤かった皮膚が褐色に変わってきます。

これは、メラニン色素が増えたためこのような状態の変化が起こります。これを『サンタン』と言います。 このように、長期にわたって日光照射を受けると、皮膚の老化を早め、しわやしみを作る原因となります。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.