日焼けの治療

多汗症治療をしよう!

日焼けの治療

紫外線(UV)対策は、紫外線(UV)を防ぐこと基本です。

紫外線(UV)予防の3本柱を徹底することといっていいでしょう。

  1. 日焼け止めクリームをマメに塗る
  2. 日傘、長袖の服の着用
  3. 帽子、サングラスなどをかぶったり、かけたりする

しかし、この3本柱を徹底していても日焼けしてしまうことはあります。 紫外線(UV)を100パーセント、1日中、1年中完全に防ぐことは不可能に近いからです。 そこで、日焼けをしてしまった場合の対策も考えておくことが大切ですね。 そして肌へのダメージを少しでも和らげ、またあと(シミやシワなど)に残さないようにしましょう。

日焼けは、火傷と同じ

軽度の火傷は赤くなるだけです。しかし重度の火傷になると、水泡ができたり、さらにもっと深くまで炎症がおよぶと皮膚は白くなって、 もはや感覚がなくなってしまうこともあります。

日焼けの場合の治療においてまず大切なことは、『焼きすぎたな』と感じたらそれ以上に紫外線(UV)を受けないようにし濡れタオルなどでまず冷やします。

重度の日焼けの時は、医師の診察をすぐに受けましょう。 とくにひどいサンバーン(皮膚が赤くなる)で水泡ができるほどの場合は、その指示のもとで副腎皮質ホルモン軟膏を塗ります。 これは、炎症を抑えるのに有効で一般的に処方されます。 出先で一時しのぎなら、ローションなども清涼感があり、日焼けによる灼熱感を和らげるのに役立ちます。

また、昔からビタミンCの内服は、色素沈着の予防に有効とされています。 しかし、傷ついてしまった皮膚をさらに刺激してしまうことがあるので、レモンを薄切りにしたり、キュウリを薄切りにして、直接赤くなった皮膚のうえに貼るパック療法は、安易に取り組むのは考えものです。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.