皮膚癌(がん)

多汗症治療をしよう!

皮膚癌(がん)

皮膚がんは、代表的なものとして顔や露出している部分に発生する『有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼううがん)』と、『基底細胞癌(きていさいぼうがん)』などがあり、40代歳から徐々に増えはじめ、80歳代ごろまで発生が続きます。

これらの皮膚がんの発症の原因は、紫外線(UV)を始め、放射線やコールタールなどがあげられています。

その他にも、子どもの若者の色素性乾皮症や傷跡・火傷の跡(瘢痕(はんこん))および、ほくろいやぼから皮膚がんを発症する事もあると分かっています。

基底細胞癌(きていさいぼうがん)の場合は、ほとんど転移がみられません。また、死に至ることはほとんどないといわれています。

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼううがん)の場合は、リンパ節転移がなければ5年生存率は約95パーセントですが、リンパ節転移がある場合は、70パーセントにまで下がってしまいます。

皮膚のタイプによっても白人の皮膚は、紫外線(UV)に弱いタイプといわれ、皮膚がんになりやすいと言われます。

実際に、オーストラリアでは、国民の癌の半分が皮膚がんといわれており、国家をあげて紫外線(UV)対策が叫ばれています。

その他の癌では、子宮がん・胃がん・大腸がんが、上位を占めています。 日本でも最近は、皮膚がんが急増していて、以前ではあまりみられなかった老人性皮膚角化症は、紫外線(UV)が原因によるがんで、日本でも増えつつあります。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.