アトピー性皮膚炎の人の紫外線対策

多汗症治療をしよう!

アトピー性皮膚炎の人の紫外線対策

昔から、紫外線(UV)には皮膚炎を抑える作用があることが知られてきました。

『紫外線(UV)照射療法』として外用療法と併せて用いられる治療法のひとつで、アトピー性皮膚炎の方のなかには、日光にあたって日焼けをする事によってアトピー性皮膚炎の症状がかえってよくなるという方がいらっしゃいます。しかし、これは必ずしもすべてのアトピー性皮膚炎の人が、有効に作用するとは限りません。

アトピー性皮膚炎の人が、日焼けをして症状がよくなったという効果は、日焼けによって炎症が抑えられ、皮膚の防御機能を高めた効果によるものです。

アトピー性皮膚炎を起こしている人は、肌が敏感な状態になっていますので、わずかな刺激でも炎症が悪化したり、炎症を誘引することになりがちで皮膚炎を起こしやすい状態です。そのわずかな刺激とは、日焼け止め(サンスクリーン)や紫外線(UV)が刺激となることも十分に考えられます。

『日焼け』そのものが、個々の患者さんにどのような影響をもたらすかはそれぞれによって異なりますし、そのときの体調などにも大きく左右されるでしょう。もし、紫外線を浴びるときには、専門の皮膚科医師によく相談して、経験などに基づいて慎重対処してください。また、海などでどうしても日焼けをすると言うときは、急激に、大量に紫外線(UV)を浴びるのはよくありません。

徐々に焼いていく感覚で、始めは日焼け止め(サンスクリーン)を弱いものにし、出来るだけ焼かないようにする(効果を弱めていく)といったほうがベストかもしれません。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.