雨、曇りの日のUV(紫外線)対策

多汗症治療をしよう!

雨、曇りの日のUV(紫外線)対策

紫外線(UV)が、肌に良くない影響を及ぼすことはご存知の方も多いとは思います。

では、どのような影響を及ぼすのでしょうか?

紫外線(UV)は、大きく分けて、UV-AとUV-Bの2種類があります。このUV-AとUV-Bの紫外線(UV)は、オゾン層を通過して地表に届きます。

UV-Aは、肌を黒くさせる原因で、表皮を通過してさらに奥深くの真皮にまで到達し、色素沈着(サンタン)を引き起こします。このUV-Aを慢性的に浴びていると肌の奥の線維にダメージを与え、シワやたるみの原因になるといわれています。

UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いため、真皮にまでは到達しない

UV-Bの紫外線(UV)は、UV-Bを浴びた直後から肌を急激に赤くし、肌に炎症を引き起こします。

これがサンバーンと呼ばれるもので、シミやソバカスの原因肌の老化や肌の乾燥をもたらします。1年間を通してとにかく紫外線(UV)を少しでも浴びないよう、日々気をつけ、対策を講じることが、肌の健康、美しさを保つために重要なことです。

紫外線(UV)は3月ごろから次第に増え始め、6月から7月にピークを迎える

まれに、紫外線(UV)対策というと、夏のもっとも暑い8月頃になって慌てて日焼けや止めクリームを塗る方がいらっしゃいます。これでは手遅れで、気温のピークと紫外線(UV)量のピークはずれているのです。

また、梅雨であまり天気もよくない6月というと、紫外線(UV)の量は、『大丈夫だろう』と思いがちですね。

確かに快晴の日の紫外線(UV)に比べ、雨の日や曇りの日でも、多少量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。

例えば、快晴の日の紫外線(UV)量を100パーセントとすると、雨の日は20~30パーセント、うす曇の日は、50~80パーセントはふり注いでいるといいますので、決して少ない量とはいえませんね。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.