赤ちゃんの湿疹と日焼け止め

多汗症治療をしよう!

赤ちゃんの湿疹と日焼け止め

生後そろそろ外気に慣れさせるとお散歩させるのは、生後1か月頃からでしょうか?

その赤ちゃんは勿論、まだ肌が未発達の幼いお子さんの場合は、紫外線(UV)対策を特に重要に考える必要があります。特に赤ちゃんの皮膚はとても薄いですから、紫外線(UV)の影響が大人以上に皮膚の奥深くまで達してしまうからです。

紫外線(UV)が一日のなかでも特に多くなる午前10時から午後2時まではなるべく外出を避けるようにしましょう。やむを得ず外出する際は、つばの広い帽子をかぶせ、なるべく肌が出ない服を着せてあげましょう。

さらに、大人同様赤ちゃん専用の日焼け止め(サンスクリーン)を塗ります。

日焼け止め(サンスクリーン)の塗る注意点は、2~3時間ごとに塗りなおし、口の周りなどは、清潔なタオルで汚れをよくふき取ってから塗ります。帰宅後は、きちんとその日焼け止め(サンスクリーン)を洗い流してあげてください。

赤ちゃんは、皮脂の分泌が盛んですから湿疹や発疹ができてしまいがちで、治療のために軟膏などを塗っている赤ちゃんもいらっしゃるでしょう。

そのような赤ちゃんを連れて外出する時には、強い直射日光にあたるとますます症状(湿疹や発疹)が悪化してしまいます。その際は、湿疹などのお薬をぬったうえで、その上から日焼け止め(サンスクリーン)を塗るようにしましょう。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.