赤ちゃんのUV(紫外線)対策

多汗症治療をしよう!

赤ちゃんのUV(紫外線)対策

赤ちゃんの肌は、敏感でわずかな刺激に対してもすぐに炎症を起こしてしまいます。

赤ちゃんの肌のような弱い肌に対して紫外線(UV)が良い作用をしないだろうということは、容易に想像つきますよね。

生まれてまもない赤ちゃんの皮膚は、大人に比べ皮膚の層が薄いので、紫外線(UV)にあたると、表面だけの日焼けではなくもっと深くまでその刺激は達し、まだ未発達な赤ちゃんの皮膚の機能を壊してしまう危険があります。

日本では、1998年から母子手帳に『日光浴』という記載がなくなりました。戸外で元気良く遊ぶことは幼い子どもにとって身体的な成長や精神面から考えても大変重要なことです。しかし、幼少期からの紫外線(UV)対策は、周りの大人が十分に配慮し外で元気に遊ばせることが大切です。

では、どのような配慮をすれば良いのでしょう?

例えば、外出時には長袖のシャツを羽織り、つばの広い帽子をかぶる、さらになるべく低刺激の紫外線(UV)防御効果の高い日焼け止め(サンスクリーン)を塗ることが大切です。

オーストラリアなどでは、皮膚がんが、国民のがんの半数を占めているといわれています。このような国は、早くから紫外線(UV)対策に乗り出し、保育園や子どもの施設では、紫外線(UV)対策を法的に義務づけています。

日本でも、幼いうちから紫外線(UV)対策を習慣化するよう指導し、もっと多くの国民に皮膚がんが増えてきている現状を真剣にとらえて対策することも大切でしょう。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.