紫外線を防ぐには?

多汗症治療をしよう!

紫外線を防ぐには?

紫外線(UV)を防ぐ対策は次の3本柱です。

  1. 日焼け止めクリーム(皮膚対策)
  2. 日傘・長袖の服(着衣の対策)
  3. 帽子・サングラス(目と頭からの対策)

日焼け止めクリーム(皮膚対策)

皮膚対策として、日焼け止めクリームを使用します。

塗り方は、肌が外に出ている部分にはすべてに塗るつもりで、適量をむらなく塗りのばします。

さらに重要なことは、2~3時間ごとに塗りなおし、最低でも朝と昼で、最低1日に2回は、塗るようにするとより効果が得られます。

日傘、長袖の服(着衣の対策)

夏の暑いときに黒い服を着ると、紫外線を吸収してしまうのではないか?と思われがちですが、実は白っぽい服の方、紫外線を通しやすいのです。

ですので、夏でもなるべく黒っぽい色の服を着ることが紫外線(UV)対策としては有効です。夏だからこそ、黒! がお勧めですね。

日傘も大きくてしっかりと身体をかくしてくれるものを差し、衣類や繊維に紫外線(UV)防止加工が施されているものを、羽織ることも有効な紫外線(UV)防止対策になりますね。

サングラス、帽子(目と頭からの対策)

紫外線(UV)対策は、皮膚だけでなく、目を紫外線(UV)から守ることも大切なのです。

サングラスや帽子は、慣れない人にとっては何となく着用しづらかったり、気恥ずかしく感じることってありますよね。紫外線(UV)は、サングラスをかけるだけで、約90パーセント、帽子をかぶると約20パーセントの紫外線(UV)をカットすることができます。

このように、目にも紫外線(UV)の刃は決して良い影響を与えないのです。

また、眼鏡の種類の中でも、視力矯正のための、UVカット機能がついているものもありますので目からの紫外線(UV)からも対策しましょう。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.