日焼けについて

多汗症治療をしよう!

日焼けについて

太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害を『日焼け』といい、太陽光線に含まれる、中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことから、浴びるとすぐに灼熱感(しゃくねつかん)を伴って肌が真っ赤になって(紅斑(こうはん))、ひどいときには水泡を起こすこともあります。

サンバーン、サンタンともに人種差、個人差があります。

肌の色がもともと黒い人種は、日光を浴びた直後はあまり赤くならず、数日して急激に黒くなります。サンバーンにはなりにくく、サンタンになるタイプの肌です。

対照的に、一般に白人は、紫外線(UV)を受けるとすぐに赤くなりますが、数日たつと赤みが引き、あまりあとを残さずに消えてしまいます。サンバーンになりやすく、サンタンにはなりにくいタイプです。

日本人は、ちょうど中間にあたり、サンバーンとサンタンを両方ともまちまちに起こすという人が日本人全体の約60~70パーセントを占めます。

赤くなる『サンバーン』というのは、紫外線(UV)で皮膚の細胞が障害をおった炎症で、黒くなる『サンタン』は、紫外線(UV)の刺激で皮膚にある色素細胞が活性化され、メラニン色素を大量に産出するために、皮膚が褐色調に黒くなってしまう現象です。

『日焼け』というとき、太陽光線を浴びて赤くなる症状と黒くなる症状があり、一般的に両方を含めて日本語では『日焼け』といっています。しかし、前者は『サンタン』で、後者は『サンバーン』といい、本来、区別すべきです。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.