低刺激日焼け止め

低刺激日焼け止め

日焼け止めには、PAやSPFといった2種類の表示があります。

『SPF』の値は、主にUV-B(UV-Aと比べると波長が短く、真皮にまでは到達しない紫外線)は、紫外線(UV)を浴びた直後に赤くなる『サンバーン』という炎症を引き起こし、しみやそばかすの原因になる紫外線(UV)を何倍防ぐことができるかを数値で示したものです。

SPFが高いほど、紫外線(UV)対策効果が高いのだから、完璧に紫外線(UV)を防御するためには、やはりSPFが高ければ高いほどいい、と考えがちですね。

当然SPFの値が高いほど、紫外線(UV)防御剤の2大成分である『紫外線(UV)吸収剤と紫外線(UV)散乱剤』の含有量が多くなります。

しかし、紫外線(UV)を防ぐ効果としては高くなるのですが、その分肌への刺激も強くなり、肌の弱い方やお子さんなどは、日焼け止めでかぶれてしまうことも少なくありません。

最近では、『低刺激性』でかつ『高い紫外線(UV)防御効果』をもつ日焼け止め(高純度の原料を厳選して使用し、少ない成分でありながらも紫外線(UV)に対する効果は保持することに成功した)商品が出てきています。

肌の敏感な方や弱い方、お子さんなどには、『効果は高く、かつ刺激の少ない日焼け止め』を選ぶようにしてください。

『低刺激性』でかつ『高い紫外線(UV)防御効果』をもつ日焼け止め(サンスクリーン)とは、『紫外線吸収剤無配合』と記された『ノンケミカルタイプ』のもの。さらに、SPFの数値が40~50と高く、PA+++といったタイプをお勧めします。

スポンサーリンク

2010 © 皮膚科まっぷallrights reserved.